くまには葉酸

青ぐま、黒ぐま、茶ぐま、何のことかわかりますか、もちろん熊さんのことではありません、目の下の「くま」のことです。このくま、疲れた顔や老けた顔を演出してくれるものであり、歓迎はされてはいませんよね、そしてこのくまには冒頭に掲げた三種類の症状があるのです。なぜこんな話なのかというのも夏バテなのか体調不良に陥った友人の目元に最近みるみるこのくまが広がりを見せ、もともと男のくせにやたらと白い肌をしていることもあり妙に目立つのです。周りの人間も心配し病院行きをすすめようやく本人、本日受診をしてきたわけです。

僕たちの年代になると病気の話をなぜか好むようになります、そして誰かの病気がとても気になり、受診などすれば痛くはなかったか、薬は何を処方された、また受付や待合室の様子、先生の腕前などネホリハホリ聞きたがるのです。彼の名は岸部といいますが、医者から戻ったという連絡を受け居酒屋に集合しさっそく「勉強会」を始めこの「くま」の話を知った次第なのです。岸部が言うには彼のくまは「青ぐま」、目の周りの毛細血管が滞ることで起こるらしく解決策はとにかく血の循環をよくすることなのだとか。

まあたいしたこともなく、我々には内心物足りないこともありましたが顔全体のマッサージをよく行うよう指導され終わったとのことでした。また今後の予防策としては、血液をサラサラにする栄養素を日常意識して摂ることも考えなければなない、と言っていました、本人なりに調べたのでしょう。で、なにがいいのか、これが「葉酸」というわけです。そんなことを聞くと俺も摂ってみようか、と検索してみると「妊婦さん」に推奨されている広告がズラリとならびます、何部か目を通してみるとサプリメントによる補給の方が効率よしとされているようです。ぼくは焼き鳥屋で注文するレバーで補給しようと思ったりしたのでした。